Europa_1610’s blog

デマやフェイクニュースのファクトチェック紹介

ファクト/フィクション:コカ・コーラ、キウイ、アイスクリームにCovid-19の陽性反応が出た?

コカ・コーラキウイフルーツ、アイスクリームからCovid-19の陽性反応が出たという報道をThe Big Issueが検証アイスクリームは事実、キウイとコカ・コーラは根拠不明

 

ファクトチェック記事(The Big Issue 2021.2.2)

www.bigissue.com

記事の翻訳。翻訳機能を活用していますが、翻訳機能が働かない場合や日本語があまりにもおかしい場合は当方で訳や注釈を付けております。大体の意味が通じるものはそのままにしてあります。 

ファクト/フィクション:コカ・コーラ、キウイ、アイスクリームにCovid-19の陽性反応が出た? 

古いニュースですが、誠実に語ります。 今週は、キウイフルーツやアイスクリーム、さらにはコカ・コーラまでもが検査で陽性反応を示したという報道を受けて、食品にCovid-19が含まれているかどうかを調べてみました。
画像引用元:Miles Cole @miles_cole_art

記者:Liam Geraghty@LGeraghty23

2021年2月2日

ビッグイシューでは、毎週「Fact/Fiction」と題して、報道された偽りの主張や疑わしい研究、議論の余地のあるストーリーを検証し、それが事実かフィクションかを判断しています。今週は、キウイフルーツコカ・コーラ、アイスクリームからCovid-19の陽性反応が出たという報道が本当に事実なのかどうかを分析します。

報道の経緯

新しい年の始まりは、伝統的に食べ物を少し控える時期です。

Veganuaryでヴィーガンになった人も、甘いものを控えている人も、クリスマスの大食いや贅沢を忘れるための時期です。

それでもまだ効果がないという方は、先週報道されたニュースを見れば、食事を控えるのに十分だったかもしれません。

このニュースは、中国の天津市と天津大喬堂食品有限公司を中心に、出荷されたアイスクリームからCovid-19の陽性反応が出たことを複数のメディアが報じたものです。

Sky Newsは、「Covid-19: 中国でアイスクリームにコロナウイルスの陽性反応」という見出しで記事を掲載、一方インディペンデント紙は、ストレートに「アイスクリームが中国でコロナウイルスに陽性反応」と報じた。

Mail Onlineは、China Dailyの報道をもとに、より詳細なアプローチをとりました。"中国では4,800箱以上のアイスクリームがCovidに汚染されていることが判明し、当局は影響を受ける可能性のある人々への連絡に追われている」としています。

当時、ウイルスに陽性反応を示した食品の報告は、この話だけではありませんでした。ソーシャルメディア上では、キウイとコカ・コーラの両方から陽性反応が出たことから、Covid-19検査の信頼性が低いのではないか、あるいは飲食物が汚染されているのではないかと言われていました。

ロックダウンの間、たくさんのキウイやアイスクリームのカートンが飲み込まれ、たくさんのコーラの缶が沈められたのだから、確かにここには危険がないのだろうか?

いや、あるのか?

事実・確認済み
アイスクリームの入った箱からCovid-19の陽性反応が出たのは事実だが、キウイとコカ・コーラについては、決定的な証拠はない。

いずれにしても、食品からCovid-19に感染する可能性は、特に屋内での他人との接触が制限されている現在のロックダウン規制下では、低いままであることを現在の証拠は示している。

アイスクリームの話を取り上げたメディアは、この話を解釈する際に注意が必要であることをよく理解していた。

この記事は、リーズ大学のウイルス学者であるスティーブン・グリフィン博士がSky Newsに寄せたコメントをまとめたものです。グリフィン博士は、工場の衛生問題が原因である可能性が最も高いとしながらも、状況を軽視しています。グリフィン博士は次のように述べています。「アイスクリームが突然コロナウイルスに汚染されたとパニックになる必要はないだろう」と述べている。

しかし、キウイとコカ・コーラに記録された陽性反応は、それほど明確なものではありません。清涼飲料水に関するソーシャルメディアへの投稿は、12月に行われたオーストリア議会での検査にまでさかのぼります。ドイツのヴェルト誌によると、オーストリア国民評議会の書記長であるMichael Schnedlitz氏は、Dialab社製の迅速抗原検査キットとコカ・コーラのグラスを取り出し、議会で検査を行いました。

 シュネドリッツ氏は、この検査で陽性の結果が出たと主張した。しかし、後にDialab社が説明したように、このテストは、pH値を一定に保つための緩衝剤で飲み物を旋回させなかったため、間違った方法で行われた。緩衝剤がなければ、テストの抗体タンパク質が破壊され、テスト結果が陽性であることを示します。

同じく酸性のキウイでも似たようなことがあります。FactcheckersのFull Factがその件を調査したところ、レディング大学の生物医学技術の准教授であるアレクサンダー・エドワーズ博士が教えてくれました。"製造者の指示を完全に無視したり、実際にテストを全く違うことに使用したりした場合、おかしな結果が出ても本当に驚くべきではありません。"

IFLサイエンスの「アイスクリームにCOVID-19の陽性反応が出たが、そのリスクは?」で指摘されているように、食品がCovid-19に汚染され、ウイルスがしばらく残ることがあります。

そして、その研究分野は広範囲に及んでいません。10月に『Environmental Chemistry Letters』誌に掲載された証拠のレビューによると、「汚染された消費者向け食品、特に冷蔵・冷凍品がSARS-CoV-2の長距離キャリアになる隙間」は存在するという。

しかし、そのリスクは極めて低いと思われるので、引き続き調査を続けてほしい。

●The Big Issueの記事に参考文献のリンクが貼られています。以下、本文上から3つ目以降の参考文献と、人民網日本語版、AFPBB News日本語版

3.sky news/COVID-19: Ice cream tests positive for coronavirus in China

https://news.sky.com/story/covid-19-ice-cream-tests-positive-for-coronavirus-in-china-12188761# (2021.3.29)

COVID-19:中国でアイスクリームにコロナウイルスの陽性反応

専門家は、この発見はおそらく「ワンオフ*1」であり、パニックを起こす必要はないと示唆している。

2021年1月17日(日)04:00、イギリス

中国でアイスクリームがCOVID-19に汚染されていたことが判明し、3つのサンプルからウイルスの陽性反応が出た。

中国北部の天津市の反伝染病当局は、天津Daqiaodao Food Companyが製造したバッチ*2接触した可能性のある人々を追跡しています。


この会社が製造した製品は、今週、市の疾病管理センターに送ったサンプルがコロナウイルスに陽性反応を示したため、すべて密封され、封じ込められている。

初期の疫学的調査によると、同社はニュージーランドから輸入したミルクパウダーやウクライナから輸入したホエイパウダーなどの原材料を使用してアイスクリームのバッチを製造した。

リーズ大学のウイルス学者であるスティーブン・グリフィン博士は、Sky Newsの取材に対し、今回の事態が「パニック」の原因になるとは考えにくいと述べています。

「これはある人物からのものと思われます。詳細はわからないが、おそらく一回限りのものであると思う。」

「もちろん、どのようなレベルの汚染も許されるものではなく、常に心配の種ではありますが、今回は生産工場の問題であり、工場の衛生管理に起因する可能性があります。」

彼は、アイスクリームが低温で保存されていたことと、脂肪分を含んでいたことが、採取されたサンプルにウイルスが生き残った理由ではないかと説明していますが、このニュースで大きな不安を抱くべきではないと述べています。

「アイスクリームが突然コロナウイルスに汚染されたとパニックになる必要はないだろう」

同社の1,662人の従業員は隔離されており、天津市疾病管理センターの指導に従って木曜日に核酸増幅検査を受けた。

当局の発表によると、同社はCOVIDに汚染されたアイスクリームを4,836箱製造し、そのうち2,089箱は保管場所に密封されていた。

市場に出回った2,747箱のうち、天津市にあったのは合計935箱で、市場に販売されたのは65箱だけだった。

当局は、同製品を購入した可能性のある住民は、健康状態や身体の変化を地域の関係者に報告すべきだとしている。

また、市はアイスクリームが送られてきた他の省の市場規制当局にも連絡し、追跡できるようにしている。

4.INDEPENDENT/Ice cream tests positive for coronavirus in China

https://www.independent.co.uk/news/world/asia/ice-cream-positive-coronavirus-china-b1788183.html (2021.3.30)

中国でアイスクリームにコロナウイルスの陽性反応

混入は「おそらく一回限り」であり、パニックになる必要はないとウイルス学者が語る

サム・ハンコック|@samhancock95|2021年1月16日(土)00:25

中国北部でアイスクリームのサンプルからコロナウイルスが検出され、当局は汚染された可能性のある製品数千個を押収した。

天津大橋渡食品有限公司(Tianjin Daqiaodao Food Company)が製造したこれらの製品に接触したと思われる人々は、現在、天津市北部の当局によって追跡されています。

同社は今週、市の疾病管理センターに3つのサンプルを送ったが、いずれもCovidの陽性反応が出たため、天津大喬堂の製品はすべて封印され、封じ込められている。

これまでの疫学調査によると、同社はニュージーランドから輸入したミルクパウダーやウクライナから輸入したホエイパウダーなどの原材料を使用してアイスクリームを製造していました。

天津大厦は、木曜日午後2時の時点で、同社の1,662人の従業員を隔離し、核酸検査を実施したことを確認しました。そのうち、700人はすでにCovid-19が陰性となり、残りの962人の結果はまだ確認されていません。

リーズ大学のウイルス学者であるスティーブン・グリフィン博士は、今回の事件は「パニック」を引き起こすべきではなく、「おそらく一回限り」であり、「一人の人間から感染したものであろう」と述べています。

「アイスクリームが突然コロナウイルスに汚染されたとパニックになる必要はないだろう」とSky Newsに語っている。
「これは生産工場の問題であり、工場の衛生管理の問題である可能性があります。」

グリフィン博士は、アイスクリームが低温で保存されていることと、脂肪分を含んでいることが、採取したサンプルにウイルスが生き残った理由ではないかと付け加えた。

天津市の疫病対策当局によると、この食品会社の4,836個のCovidに汚染されたアイスクリームの箱のうち、2,089個は保管中に密封することに成功したという。

また、市場に出回った2,747箱のうち、陽性反応が出た時点で天津市に残っていたアイスクリームは935箱で、市場に販売されたのは65箱だった。

天津市は、このアイスクリームがすでに送られてきた各省の規制当局に連絡し、適切な追跡調査を行っています。

一方、天津市当局は、生産工場の消毒措置を講じるとともに、このアイスクリームを購入した可能性のある地域住民に対し、各地域の関連医療機関に報告するよう指示しました。

5.Mail Online/More than 4,800 boxes of ice cream are found to be contaminated with Covid in China as authorities scramble to contact people who could be affected

https://www.dailymail.co.uk/news/article-9153403/More-4-800-boxes-ice-cream-contaminated-Covid-China.html (2021.4.6)

中国で4,800箱以上のアイスクリームがCovidに汚染されていることが判明し、当局は影響を受ける可能性のある人々への連絡に追われている

・地元で生産されたアイスクリームの3つのサンプルが汚染されていることが判明
天津市の保健当局が箱に接触した人の追跡調査を行っている
・1,662人の従業員が自粛を命じられ、検査を受けている
by JACK ELSOM FOR MAILONLINE

PUBLISHED: 23:26 BST, 15 January 2021 | UPDATED: 08:41 BST, 17 January 2021

中国でアイスクリームにコロナウイルスの陽性反応が出たため、保健当局は感染の危険性がある人々を追跡するために奔走している。

国の北東部に位置する天津市で、地元で生産されたアイスクリームの3つのサンプルが汚染されていることが判明した。

天津市大橋渡食品有限公司では、約4,836箱が汚染されていることが確認され、そのうち2,089箱が保管場所に封印されました。

中国日報によると、さらに1,812個が他の省に発送され、935個が地元の市場に入ったが、販売されたのは65個だけだったという。

ウクライナ産の粉ミルクとニュージーランド産の乳清を使用した450gの箱を手にした買い物客は、潜在的感染症を追跡できるように自分の行動を記録するように保健所から促された。

1,662人の従業員は自粛を命じられ、昨日検査を受けた。

リーズ大学のウイルス学者であるスティーブン・グリフィン博士は、今回のアイスクリームの陽性反応は人との接触に起因する可能性が高く、「一回限り」であると述べた。

彼はSky Newsに次のように語った。可能性としては、生産工場の問題の結果であり、工場の衛生状態に起因する可能性があります」。

アイスクリームには脂肪分が含まれており、低温で保存されていることから、ウイルスが生き延びるのは容易であるという。

しかし、「アイスクリームが突然コロナウイルスに汚染されたからといって、すべてのアイスクリームをパニックに陥れる必要はないでしょう」と付け加えた。

6.CHINA DAILY/COVID-tainted ice cream found in Tianjin

https://www.chinadaily.com.cn/a/202101/15/WS600129e5a31024ad0baa2e2b.html (2021.4.6)

COVIDに汚染されたアイスクリームが天津で発見される

by Yang Cheng in Tianjin | chinadaily.com.cn | Updated: 2021-01-15 13:36

ニュージーランド産の粉ミルクとウクライナ産のホエイミストを使用した地元産のアイスクリーム(Daqiaodaoブランド)の3つのサンプルが、天津市で木曜日にCOVID-19の陽性反応を示した。

同市はその後、アイスクリームに関連する冷蔵倉庫を封鎖した。同社によると、4,836箱を生産し、1,812箱を各省に販売したという。

これまでに、合計2,089箱のアイスクリームが密封された。1箱に6個のアイスクリームが入っており、1個あたりの正味重量は450gである。地元の市場に出回っている935箱のうち、ほとんどが売り切れていないという。

天津市は現在、地元の市場で販売されていた計65箱を調査している。日夜、人気のお菓子を買った住民に、健康状態や体の動きを報告するよう求めた。

天津市は、アイスクリームが送られてきた各省の市場規制当局に通知し、追跡できるようにしている。


7.Im Parlament getestet – Warum Cola den Corona-Schnelltest positiv machte

https://www.welt.de/vermischtes/article222277878/Oesterreich-Warum-Cola-den-Corona-Schnelltest-positiv-machte.html (2021.4.6)

国会でのテスト - コークがコロナの迅速抗原検査を陽性にした理由

掲載日:2020.11.12|閲覧時間:3分

このアクションは、オーストリアだけでなく世界中で議論されています。FPÖの国会議員はスピーチの中で、まずコロナ・テストに疑問を呈し、次にそれがいかに安全でないかを示した。しかし、問題はそう単純ではない。

オーストリアでは現在、無料の大量検査で感染症を把握しようとしています。しかし、住民の参加は今のところ抑えられており、政府のやり方に対する批判も大きい。

木曜日には、今度は国会でスキャンダルが発生し、その後も議論されています。FPÖ事務局長のMichael Schnedlitz氏は、スピーチ中にコロナの迅速抗原検査キットを取り出し、演台の上にコーラのグラスを置いた。

そして、しばらくして、「コロナ・ポジティブ」という結果を発表した。党にとっては、そのようなテストはもちろん、大量のテストを行っても何の成果も得られないことを証明する。

その後、シュネデリッツは自身のFacebookページで、こう書いている。「コロナの質量テストは価値がない!これは、国会で行われた簡単な実験でも示されており、コーラを飲むと良い結果が得られました。しかし、この黒緑*3の政府は、まさにこれらのテストや検査に何千万もの税金を費やしている。」

ツイッターでは、多数のユーザーがこの行動のポピュリズムに憤慨していました(「恥ずかしい」「パンデミックの中でそんな行動がとれるのか」)。一方で、「このテストには間違いがある」という意見もありました。ドイツAfDのアリス・ワイデル議員などは、このビデオをツイートし、"FPÖ MPes "は、この短い記録の中で、コロナ・テストの信頼性を証明しています。"と書き込んでいます。

検査結果の原因は
しかし、何が原因でテストが間違っていたのでしょうか?コーラのテストを詳細に分析すると、いくつかのビデオバージョンがソーシャルメディアに出回っていますが、Schnedlitz氏は明らかにテストを間違って適用しています。綿棒で直接コーラを拾い、それをテストに垂らしていく。その際、彼は重要なステップを省略している。サンプルは必ず最初に、いわゆるバッファーで洗い流してから滴下します。

緩衝剤とは、pH値を一定の範囲内に保つための液体です。これはまさにFPÖの政治家が回避したことです。そのため、コーラに含まれる酸が、ウイルスのタンパク質をキャッチするはずの抗体と反応してしまったのだ。

会社が恥ずかしい発言をしたことについて
「その場合、妊娠検査薬でも陽性になっていたでしょう。議員がこのような恥ずかしい発言を公にする前に、ほんの少しだけ、事前に化学的な処理をしておくことは理にかなっているのではないでしょうか」と、このテストを開発したダイヤラボ社のマネージャーはWELTからの質問に答えて書いている。

口の中のコーラの残留物ではこのような効果は得られないでしょう。ちなみに、バッファがそれを防ぎます。しかし、口の中のサンプルを使用する場合、専門家は1時間は飲食や喫煙をしないようにアドバイスしています。

これは主に、事前にもう一度口をすすぐことで、口の中のウイルスの濃度が下がるためです。しかし、添付文書によると、ダイヤラボの迅速検査は、とにかく鼻腔内の検体で行うべきだとされています。そして、それはコーラのあるべき姿ではありません。

8.Richtige Ausführung des Cola-Experiments mit einem COVID19-Ag Schnelltest der Firma DIALAB GmbH(2020.12.14公開)

DIALAB社のCOVID19-Ag迅速検査によるコーラ実験の正しい実行


www.youtube.com


9.FULL FACT/A kiwi fruit did not test “positive” for Covid

europa-1610.hatenablog.com

 
10.IFL Science’s /Ice Cream "Tests Positive for COVID-19," But What's The Risk?

https://www.iflscience.com/health-and-medicine/ice-cream-tests-positive-for-covid19-but-whats-the-risk/ (2021.4.7)

アイスクリームが「COVID-19陽性」、そのリスクとは?


By Tom Hale 19 JAN 2021,16:52

「中国でアイスクリームがコロナウイルスに陽性反応」という見出しが、ソーシャルメディア上で話題になっています。幸いなことに、このデザートがコロナウイルスに感染したわけではありませんが、食品のサプライチェーンがウイルスに汚染される可能性があることを示唆しています。しかし、どのような食品からでもCOVID-19に感染する危険性は極めて低いので、ご安心ください。

新華社によると、中国北部の当局は、COVID-19の原因ウイルスであるSARS-CoV-2に汚染されたアイスクリームのサンプルを3つ確認したという。

このアイスクリームは、主要な港湾都市である天津のTianjin Daqiaodao Food Co. Ltd.が製造したものです。汚染源を突き止めるための調査の中で、このアイスクリームには、ニュージーランドから輸入したミルクパウダーやウクライナから輸入したホエイパウダーなど、船外からの原材料が使用されていたことが判明しました。この食品会社の1,662人の従業員全員が隔離され、COVID-19の検査が行われ、962人がまだ結果を待っている状態で、700人が陰性でした。

この事例についてはあまり多くの情報が得られていませんが、アイスクリームまたはその原材料の一部が、サプライチェーンのどこかの時点でCOVID-19に感染した人によって汚染されたと思われます。感染者が食品の近くで咳やくしゃみをしたり、呼吸をしただけで、ウイルスが食品に混入した可能性があります。アイスクリームは加熱・調理されていないため、ウイルスは不活性化されていません。COVID-19を不活化するために、冷やしたり凍らせたりすることが有効であるとは考えにくい。

2020年10月に『Environmental Chemistry Letters』誌に掲載された研究では、COVID-19が食品から感染するかどうかという問題を調べ、COVID-19の食品媒介感染は可能であるかもしれないが、パンデミックの間はほとんど無視されていたと結論づけている。

この研究では、ウイルスが冷凍環境下で数週間生存する可能性があることを発見し、"冷蔵・冷凍食品の保管・輸送によって保たれる継続的な低温環境は、SARS-CoV-2の生存期間を劇的に延長することができる "と指摘しています。また、世界各国の保健当局が、包装材や保管環境を含む冷凍食品からSARS-CoV-2が検出された事例を少なくとも9件記録している。しかし、実際に食品媒介でCOVID-19に感染した人がどれくらいいるのかは調査していない。

2020年6月、中国では、新発地市場の鮭のまな板からSARS-CoV-2の陽性反応が出たことから、北京で発生したCOVID-19の集団感染は、汚染された肉や魚が原因であるとの報告がありました。このウイルスのゲノム配列を調べたところ、ヨーロッパでよく見られる変異型であることが判明し、ヨーロッパから中国へ冷凍サケによってウイルスが運ばれたことが示唆されました。しかし、当局はこの説を確認することができず、単に市場の従業員が病気になったことが原因で発生したのではないかという意見もあった。

要約すると、食品はSARS-CoV-2に汚染され、しばらくの間ウイルスを保有する可能性がある。また、調理されていない汚染された食品を摂取した人にも感染が起こる可能性がある。食品からCOVID-19に感染するリスクを定量化した研究はありませんが、そのリスクは全体的に見て低いと考えられます。

11.Can the coronavirus disease be transmitted from food? A review of evidence, risks, policies and knowledge gaps

https://link.springer.com/article/10.1007/s10311-020-01101-x (2021.4.7)

発行:2020年10月01日

コロナウイルスは食品から感染するのか?エビデンス、リスク、ポリシー、ナレッジギャップのレビュー


Jie Han、Xue Zhang、Shanshan He & Puqi Jia
Environmental Chemistry Letters vol.19, pages5-16(2021)Cite this article

抄録
コロナウイルス感染症2019(COVID-19)では、パンデミックの原因物質である重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)の感染経路の可能性が推測されている。大気汚染は、COVID-19の感染リスクの上昇や、大気環境の悪い地域での死亡率の上昇と関連していると言われていますが、COVID-19の食品媒介による感染についてのレトロスペクティブな研究は報告されていません。低温がSARS-CoV-2やその他のコロナウイルスの持続性を劇的に延長させることが研究で明らかになっているにもかかわらず、政策枠組みやリスク軽減戦略において、冷凍食品や冷蔵食品が潜在的な媒介物として広く見過ごされてきた。2020年7月初めに中国で、包装材や保管環境を含む冷凍食品からSARS-CoV-2が検出されたことにより、食品感染の証拠が開示され、汚染された食品を原因とする2つの再発生が発生している。汚染のリスクは、農場から食卓までの複雑なプロセスによって増大し、食品従事者や周囲の環境への曝露を助長しています。さらに、実験室での研究によると、SARS-CoV-2は、魚、肉、鶏肉、豚の皮などを対象に、冷蔵、4℃および-10~-80℃の冷凍条件下で、14~21日間、非常に安定した状態で保存されていた。このような条件下での長期的な生存率や感染力に関するデータは不足しているが、SARS-CoV-1を含む他のコロナウイルスでは十分な証拠が示されている。そこで我々は,汚染された低温貯蔵食品が,国や地域を越えてSARS-CoV-2を伝播させる体系的なリスクになっているのではないかという仮説を立てた。ここでは、食品汚染とSARS-CoV-2の食品媒介感染に関するエビデンス、リスク要因、現在の政策、知識のギャップについてレビューする。

はじめに
コロナウイルス感染症2019(COVID-19)のパンデミックは、2019年12月に中国・武漢で初めて確認された後、2020年1月30日に国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態と認定されました(https://en.wikipedia.org/wiki/COVID-19_pandemic)。2020年4月7日、世界保健機関(WHO)と食糧農業機関の中間ガイダンスでは、「食品や食品包装からCOVID-19に感染する可能性は極めて低い」とされています。COVID-19は呼吸器系の病気であり、主な感染経路は人と人との接触や、感染者が咳やくしゃみをした際に発生する呼吸器の飛沫に直接触れることです。呼吸器系の病気を引き起こすウイルスが、食品や食品包装を介して感染したという証拠は今のところありません。コロナウイルスは食品の中では増殖できず、動物や人間を宿主として増殖する必要があります(WHO-FAO 2020)。" 当時、相対的に患者数や死亡者数が少なかったため、食品汚染の可能性は非常に低いと思われていましたが、現在では食品による感染の証拠が出てきています。

COVID-19パンデミックの発生から8カ月が経過し、WHOに報告された確定症例数は2,550万人以上、うち死亡者数は85万2,000人となっています(2020a)。COVID-19の原因物質である重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)が、異なるコミュニティ内やコミュニティ間でどのように広がっていくのかを理解し、適切な制御手段を採用することが必須である。現在のところ、SARS-CoV-2は主に、咳やくしゃみ、会話などで気道から放出されるミクロン単位の塊である呼吸器飛沫と、接触経路を介して感染すると考えられています(WHO 2020b)。人から人への直接的な感染は、ウイルスを含んだ空気中の飛沫やエアロゾルを吸い込むことで起こるが、無生物の表面に付着したSARS-CoV-2ウイルスが、それらに手で触れた後、目、鼻、口を介して人に感染することでも起こる。SARS-CoV-2が新たな宿主に到達するための他の経路としては、糞口感染や空気感染が挙げられる(Qu et al.2020; Sun and Han 2020; Wang and Han 2020)。大気中の微小粒子状物質の濃度が高いと、SARS-CoV-2の持続性が高まり、感染率や死亡率が高くなるという相関関係がある(Roviello and Roviello 2020; He and Han 2020)。例えば、食料品店は、閉ざされた環境、頻繁に触れる表面、人通りの多さ、物理的な距離を保つことの難しさなど、存在するリスク要因が組み合わさっているため、COVID-19におけるウイルス感染のハイリスクな環境と考えられています(図1)。

図1
コロナウイルス感染症2019(COVID-19)パンデミック時の食品小売業環境におけるウイルス感染経路。冷凍・冷蔵食品のほか、共有のトング、ベーカリーや冷蔵キャビネットの取っ手、買い物かご、決済端末など、よく触れる表面は、ウイルスによる汚染のリスクが高いことが強調されています。お店の人やスタッフが顔を覆うものを着用しているのは、現在の規制ガイドラインを反映したものです。

WHO(2020c)、米国の疾病予防管理センター(CDC 2020a)および食品医薬品局(FDA 2020)、その他の地域の規制機関(FSS 2020)を含む公衆衛生当局は、COVID-19の原因となる新型コロナウイルスが食品を介して感染する証拠は今のところないとし、特定の食品を取りやめる必要はないとしています。COVID-19の感染と食品を介した感染との間に直接的な関連性は確立されていませんが、最近の一連の事件で、現在のパンデミックの際にSARS-CoV-2の長距離輸送のキャリアとして冷凍食品が取り上げられました。最も古い事件は、2020年6月12日に北京の新発地農産物卸売市場で発生したもので、輸入されたサーモンの加工に使われたまな板からSARS-CoV-2が検出された(Global Times 2020a)。その後の調査では、その起源に関する決定的な証拠は見つからなかったが、この特別な事件は、SARS-CoV-2のキャリアの可能性がある冷凍食品に対する当局と消費者の意識を高めた。2020年7月に入ってから、国内では少なくとも9件の食品汚染事件が報告されており、輸入食品からSARS-CoV-2が検出され、その多くは包装材から検出された(図2)。これらの事件のほとんどは、エクアドルから輸入された冷凍エビで、その包装材から新型コロナウイルスが検出され、ある事件では輸送コンテナの内部からもSARS-CoV-2が検出されました。注目すべきは、2020年8月12日に広東省深セン市で発生した最新の事件では、地元当局がブラジル原産の冷凍鶏手羽先のサンプルの表面からSARS-CoV-2を検出し、実際の食品サンプルから新型コロナウイルスが検出された初めての既知のケースとなったことである(SMHC 2020)。

図2
輸入食品から重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)を検出
2020年7月上旬から2020年8月中旬にかけて、中国全土の輸入冷凍生食品から重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)が検出された。情報は地方自治体の発表からまとめた。ほとんどの場合、この新型コロナウイルスは食品の包装材から検出されましたが、食品の保管環境(大連)や食品の表面(深圳)からも検出されました。これらの報告された事件のいずれにおいても、各調査で発見された陽性サンプルの割合は明記されていませんでした。現行の基準では、中国の税関および公衆衛生当局は、総重量が1万個または1万トンを超える動物製品の各輸入において、10個以下のサンプルを検査することが求められている。


冷凍食品からSARS-CoV-2が頻繁に検出されていることから、これらはランダムで孤立した事件ではなく、ウイルス汚染と食品媒介感染が現在進行中のパンデミックにおいて体系的なリスクをもたらす可能性があるという警告的な兆候であると考えられる。農場から食卓までのライフサイクルの中で、食品がさまざまな作業者や周囲の環境と接触し、農作業、加工、保管、輸送、小売の過程で、呼吸器の飛沫や接触、その他の経路を介して食品汚染が発生する可能性があることを考えると、これはもっともなことだと思います。特に注目すべきは、2020年6月11日にCOVID-19の最初の症例が再出現する前に、北京では56日間連続して局所感染が報告されていなかったことです(China Daily 2020a)。その後の2週間で計256例の感染が確認され、そのうち98.8%は、鮭のまな板にSARS-CoV-2の陽性反応が出た新発地市場と関連していた(新華社通信2020)。新発地市場から採取されたSARS-CoV-2ウイルスのゲノム配列を調べたところ、ヨーロッパのコロナウイルス株であることが判明し、北京で再発生したCOVID-19症例は、地元のコロナウイルス株の継続的な感染ではなく、輸入源が原因である可能性が強い証拠となった(CCDC 2020)。同様の関連性は、2020年7月9日から2020年8月3日の間に87人の確定患者が報告された中国北東部の沿岸都市、大連で再発生したCOVID-19感染症でも見られました。感染者のうち、少なくとも38人が地元の水産物輸入会社とのつながりを持っていました(CGTN 2020)。中国疾病予防管理センターは、100日以上にわたって地元で新たなCOVID-19の症例が報告されていないこと、大連での流行が北京での流行と具体的な関連性がないことを考えると、ウイルスに汚染された輸入海産物が再流行の原因である可能性が高いとコメントしています(China Daily 2020b; Global Times 2020b)。

なお、最近の検出・発生に先立って、COVID-19パンデミックでは、新型コロナウイルスが食品やパッケージを介して感染するのではないかとの憶測が流れていたことも忘れてはならない。COVID-19に関する初期の議論では、食品を介した感染が潜在的なリスク要因として想定されており(Sharmaら2020)、食品の準備や流通に携わるスタッフに予防措置が推奨されていました(Eslami and Jalili 2020; Zuber and Brüssow 2020)。Ceylanら(2020)は、ウイルス感染による食中毒は一般的であり、ウイルスは3つの経路で食品を汚染する可能性があることを指摘しています。すなわち、貝類が生育する汚染水や収穫後の果実洗浄に使用される水、手指の衛生状態の悪さ、人獣共通感染症のウイルスを含む動物由来の製品の摂取を介して、ウイルスが食品を汚染する可能性があります。さらに著者は、SARS-CoV-2の食品媒介による感染について研究する必要があると指摘し、今後の研究のためにいくつかの課題を提示している。その後、Rizouら(2020)は、COVID-19パンデミックの際にフードサプライチェーンに必要な安全対策について議論し、出荷後数日経てば可能性は低くなるものの、冷凍食品や包装材を介して感染が起こる可能性があると推測しています。

それにもかかわらず、これまでの学術的な議論では、実際の証拠を説明したり(Ceylanら2020年、Rizouら2020年)、この問題に焦点を当てた見解を示したり(Eslami and Jalili 2020年、Sharmaら2020年)していません。これは主に、COVID-19、特に食品のウイルス汚染とSARS-CoV-2感染の関連リスクについて、状況が急速に進展しているためであり、これらは最近の出来事の後にようやく一般市民や規制当局の関心を集め始めたばかりである。冷凍食品でのSARS-CoV-2検出に関する証拠のほとんどは、COVID-19の食品関連感染に関する最近の議論の数週間から数カ月後の2020年7月から8月にかけて登場している(Ceylanら2020年、EslamiとJalili2020年、Rizouら2020年、Sharmaら2020年、ZuberとBrüssow2020年)。さらに、食品環境におけるSARS-CoV-2の安定性に関する研究は、2020年7月初旬になってようやく登場し始めた(Fisherら2020年、Harbourtら2020年)。

このような状況下では、新しい証拠や学術的な議論、現在の政策や知識のギャップを検討し、この問題について最新の情報を得る必要があります。本稿では、冷蔵保存食品と、その「農場から食卓まで」のライフサイクルにおけるSARS-CoV-2による汚染の可能性に焦点を当てる。特に、魚介類、肉類、生鮮食品、冷凍食品など、このカテゴリーの食品の保存と流通において中心的な役割を果たす「コールドチェーン」に重点を置くこととする。この目的のために、COVID-19に関連して、汚染された低温貯蔵食品を介したウイルス感染の仮説ルートに最も関連する最新の証拠と情報について批判的に評価します。主な論点は、(1)「コールドチェーン」を含む「農場から食卓まで」のライフサイクルを通じたSARS-CoV-2による食品汚染のリスク(2)「コールドチェーン」を通じた冷蔵・冷凍食品の保管・輸送に使用される包装材と温度(3)食品の表面や低温環境下におけるSARS-CoV-2の持続性、である。(4) 小売業におけるSARS-CoV-2のリスクと潜在的な感染経路 (5) 現在のパンデミックにおけるリスク要因としての食品汚染と食品媒介感染に対処するための現在の政策と知識には大きなギャップがある。パンデミック時のCOVID-19やその他のヒト呼吸器系病原体の食品媒介感染について、今後の研究やリスク評価の参考になるよう、これらのギャップを強調しています。

食品汚染とコールドチェーン
冷蔵・冷凍食品を含む低温保存食品は、「農場から食卓まで」のライフサイクルの大半で低温下に置かれることが多く(Mercier et al.2017)、SARS-CoV-2の生存に対応しています。この過程では、農作業、加工、保管、出荷、小売の際に、異なる食品従事者や周囲の環境にさらされる可能性がある(図3)。食品の種類や保存状態によっては、最終的に消費者の手元に届くまでに数日から数年かかることもあります(Gogou et al.2015; Mack et al.2014)。これらの食品の収穫から消費までを特定の温度帯で準備する物流は、一般的に「コールドチェーン」と呼ばれています。

図3
コロナウイルス感染症2019(COVID-19)の際の冷蔵・冷凍食品の汚染の可能性は、「農場から食卓まで」のプロセス全体で様々な食品従事者や環境にさらされることと、これらの食品の保管、輸送、小売の「コールドチェーン」全体で新型コロナウイルスが生存することである。汚染は、感染者からの呼吸器飛沫や、ウイルスが付着した手や表面、道具を介した接触経路で起こる可能性があります。

コールドチェーンの最初の段階で汚染が発生する可能性があります。現代の食品産業は、ごく一部の例外を除き、消費者による大量かつ増大する食品消費の需要を満たすために、中央集権的な農業と加工に依存していることが多い。パンデミックが続いているにもかかわらず、多くの国や地域では、食品を取り扱う際や加工する際に、食品取扱者が顔面保護具や手袋を着用することを完全に義務化していません(EU 2020; FDA 2020; FSS 2020)。COVID-19に感染した食品取扱者は、呼吸、咳、歌、くしゃみ、会話などから飛沫が排出され(Anderson et al. 2020; Morawska and Milton 2020)、近くにある食品やその包装材を汚染する可能性があります。適切な個人防護具がなければ、非症状の保菌者がサイレントベクターとして働き、閉鎖された環境でクラスター感染を引き起こす可能性があります(Huff and Singh 2020; Zou et al.2020)。COVID-19の発生以降、食品加工施設でクラスター型のアウトブレイクが多数報告されています。2020年4~5月の間に、CDCは23州に所在する239の食肉・鶏肉加工施設の労働者の間で、86人の死亡を含む16,233人のCOVID-19の症例を確認しました(CDC 2020b)。これらの施設では、症状のスクリーニングの欠如、顔を覆うこと、物理的な距離を置くことなどが、多数の人へのウイルスの急速な拡散の主な要因となっていました。COVID-19の発生は、水産業の現場作業員でも報告されています。2020年6月には、アメリカの水産会社の商業漁船3隻の乗組員117人がCOVID-19の陽性反応を示しました(KUCB 2020a)。85人の乗組員が感染した船の1つである「アメリカンダイナスティ号」は、海上で魚を加工、包装、冷凍するための船内工場を備えたトロール船でした(KUCB 2020b)。

冷凍食品は、加工する食品の種類に応じて、袋、パウチ、蓋付きトレー、箱、カートン、金属缶などに包装される。これらの食品包装材は、プラスチック製のものが多いが、板紙や紙パルプの成型品、アルミニウムなども広く使われている。プラスチックの種類としては、ポリエチレン(PE)、ポリプロピレン(PP)、ポリエチレンテレフタレート(PET)、ポリ塩化ビニリデン(PVC)、エチレンビニルアルコール(EVOH)などがよく使われています(Krochta 2016)。包装材は、保存された食品と周囲の環境との間に保護バリアを作り、保存期間を延ばします。食品の品質を維持するためには、コールドチェーンの各段階で温度要件が存在する。例えば、中国の現行規格(GB/T 24616-2019)では、物流における冷蔵・冷凍食品の包装、輸送、保管について、消費者に販売する前に、冷蔵食品は8℃以下に、冷凍食品は-18℃以下に保つことが求められている。食品の国際取引を促進するために、異なる国や地域間での冷蔵保存食品の輸送についても標準化された要件が設定されている。1998年12月21日、欧州委員会は「食用の急速冷凍食品に関する加盟国の法律の近似化に関する理事会指令(89/108/EEC)」を採択した。この指令では、食用の氷を除き、急速冷凍食品の温度をすべての地点で継続的に-18℃以下に維持することが求められている(EU 2013)。国連欧州経済委員会は、生鮮食料品の輸送に関する作業部会(WP.11)を設置し、「生鮮食料品の国際輸送およびその輸送に使用される特殊機器に関する協定(ATP)」の策定と更新を主な役割としている(UNECE 2020a)。米国を含む49カ国が署名したATPは、冷凍食品や冷蔵した肉、家禽、乳製品、魚、水産物、生鮮野菜製品の冷蔵輸送に関する規制や要件を調和させることで、生鮮食品の国際輸送を促進しています(UNECE 2020b)。ATPによると、積荷のどの地点においても、食品の最高温度は表1の指示温度を超えてはならない。

表1 "生鮮食料品の国際運送及び当該運送に使用される特別な機器に関する協定(ATP)"に基づく急速(深)冷凍及び冷凍食品の運送のために遵守すべき温度条件

冷蔵保存食品の保管・輸送時に低温環境が続くと、万が一、初期の収穫や加工時に汚染された場合、SARS-CoV-2の生存期間を飛躍的に延ばすことができる好条件となる。Chinら(2020)は、SARS-CoV-2の安定性をさまざまな温度で測定し、4℃ではウイルスの安定性が高く、14日間培養しても感染力が0.7 log-unitしか低下せず、初期の中央値(50%)組織培養感染量(TCID50)は1mLあたり~6.8 log-unitであることを示した。Matsonら(2020)は、SARS-CoV-2とヒトの鼻粘液および喀痰を混合し、その混合物(1×105 TCID50/mL)を4℃、40%の相対湿度で保存したポリプロピレン製ディスクに分注した。同様の研究で,SARS-CoV-2(9.6×104 TCID50/mL,1時間乾燥後)の安定性を,相対湿度30~40%,異なる温度の無生物表面上で調べた(Kratzel et al.2020).ウイルスの力価は、金属製の円盤上では、その後8時間にわたって安定しており、低下は最小限であったが、その後4℃では9日以内に安定して緩やかな低下を示した。SARS-CoV-1を含む他のコロナウイルスも、低温(4℃)での長期残留性を示し、表面や異なる培地に暴露した場合、14日から49日の範囲であった(Casanovaら、2009、2010、Gundyら、2009、Laiら、2005、Wangら、2005)。

食品環境に関しては、食品表面でのSARS-CoV-2の生存率に関する研究はこれまでに1件しかありません。Fisherら(2020年)は、冷蔵・冷凍されたサーモン、鶏肉、豚肉に付着したSARS-CoV-2の持続性を21日間にわたって調査した実験室研究を行った。この研究では、SARS-CoV-2の力価はほぼ一定で、接種したウイルスは冷蔵(4℃)および冷凍(-20℃および-80℃)の両方のサンプルで感染力を維持していることがわかりました。米国陸軍感染症医学研究所が行った以前の研究では、SARS-CoV-2は4℃で14日間の実験中、豚の皮膚上でほぼ安定した状態を保っていた(Harbourt et al.2020)。van Doremalenら(2014)は、中近東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS)を105.5/mLのTCID50で低温殺菌していない牛の乳に接種した。Mullisら(2012)は、ウシコロナウイルス株(BCoV-88)をサロゲートコロナウイルスとして使用し、通常の家庭用冷蔵条件での生鮮食品へのコロナウイルスの残留性を調査した結果、44%の感染性ウイルスが検出された。希釈した牛の糞便懸濁液(0.1%および10%)を用いて、BCoV-88は4℃の冷蔵庫内の生鮮ロメインレタスに少なくとも14日間感染力を保持した。 Yépiz-Gómezら(2013)は、ヒトコロナウイルス229E(HCOV-229E)がレタス上でよく生存し、4℃で2日間保存した後に0.2ログ減少したことを示した。

食料品店やスーパーマーケットは、密閉された環境、物理的な距離を保つことが難しい、異なる個人がよく触る表面や物が多いなど、複数のリスク要因が同時に存在するため、COVID-19感染のリスクが高まる場所の一つです(図1)。United Food and Commercial Workersは、2020年7月17日時点で、組合員である食料品店労働者の感染者数が12,405人であることを発表しました。米国の食料品店労働者4000人を対象とした全国調査の結果は、COVID-19パンデミックの最前線で食料品店労働者が直面している課題を浮き彫りにしました。調査回答者の70%近くが、雇用主がマスク着用を義務づけておらず、顧客も買い物の際にマスクや顔を覆うものを着用していないことを認めています(UFCW 2020)。小売業者の中には、店舗で買い物をしている間、社会的な距離を保つように顧客に勧めているところもありました(Tesco 2020; Walmart 2020)。人から人への直接感染を減らすためには、物理的な距離を置くことが一般的に有効ですが、生鮮食品やパッケージ食品、キャビネットや棚、共有する道具など、店内のさまざまなものと顧客が頻繁に接触することでリスクが生じる可能性があります(図1)。食品の表面や食品包装材にSARS-CoV-2が付着していた場合、接触経路を介して客やスタッフに感染する可能性があります。また、店内のさまざまな人が触った物や表面が環境媒体となり、来店者間でウイルスが伝播する可能性もあります。例えば、食料品店では通常、お客様に道具の使用を義務付け、特定の食品に直接手を触れないようにしています。ベーカリー食品、冷えた肉や魚介類、生きた魚やロブスター、店内のデリバーで提供される食品など、顧客が希望する商品を取るために、共有の道具(例えば、トング、スプーン、レードル)が提供されることが多い。現在のパンデミックでは定期的に清掃・消毒しなければならないショッピングカートや計量台などの他の無生物表面とは異なり(CDC 2020c)、様々な顧客と頻繁に接触するにもかかわらず、これらは見落とされ、使用後に消毒されないことが多い。また、冷蔵室やベーカリーキャビネットの取っ手、決済端末(キーパッドやタッチスクリーンなど)、レジ用コンベアなども、小売店の環境では、日常的な清掃や消毒の際に見落とされたり、アクセスが難しかったりする、手触りの良い表面のひとつです。さらに、食品を包装したり、棚に商品を補充したり、レジカウンターで作業したりするスタッフは、大量の商品に触れる可能性があります。適切な個人防護具がなければ、これらの作業を行う感染者が「スーパーベクター」となり、多数の商品にウイルスを拡散させる可能性があります。
 

現在の政策と知識のギャップ
政府や規制機関が実施している発症時期や対策が異なるため、COVID-19の感染者数は地域によって対照的になっています(WHO 2020a)。海外旅行(CAAC 2020、France Diplomacy 2020、INZ 2020、UAE 2020)や一部の地域では国内旅行(Chicago 2020、CT 2020、MA 2020)については広く渡航制限が実施されているが、食品を含む消費財の輸送についてはほとんど制限がない(UNECE 2020b、NZCS 2020)。SARS-CoV-2は低温下での安定性が高いため(Chin et al. 2020; Fisher et al. 2020; Kratzel et al. 2020)、チルド食品や冷凍食品など常に低温下に置かれている消費財が今回のパンデミックではベクターとなる可能性があり、国際取引でSARS-CoV-2を長距離輸送したり、これらの商品を地域間で輸送したりすることができる。食品から人への感染の可能性は、呼吸器飛沫や付着物などの他の感染経路に比べて低いと考えられていますが、異なる国や地域を横断して大量の冷蔵食品が輸送されること、「農場から食卓まで」のライフサイクルを通じて人や複雑な環境にさらされる可能性があること、そして最終的に多くの消費者と人が接触することを考えると、リスク要因として軽視すべきではありません。

最近、輸入食品に関連した食品汚染やCOVID-19の再発生が発生する前に、中国税関総署は一部の支部に対し、通常の貿易活動を確保しつつ、輸入食品にSARS-CoV-2が混入していないか検査するよう指示していた(China Daily 2020c)。このような予防的アプローチは消費者に広く支持されたが、現在の中国の輸入動物製品のサンプリングに関する基準(GB/T 18088-2000)によれば、税関は1万個または1万トンを超える動物製品を輸入する場合でも、1回の輸入につき最大10個のサンプルしか検査しないことになっていることを指摘しておきたい。検査されるサンプル数がかなり限られていることから、このようなサンプリング・プロトコルが、特に大量に存在する場合に、調査対象となる商品のSARS-CoV-2の存在について信頼性の高い、意味のある予測を行うかどうかは疑問である。一方、十分に代表的な数のサンプル(例:1%以上)を検査することは、そのような作業を行うスタッフにとって大変な作業となる。このような検査を実施する能力が限られていることと、日常的に大量の貨物が輸入されることから、当局はジレンマに陥っている。また、保健所が輸入食品の検査結果を報告するようになったのは2020年7月からであるため、今後、これまでに報告された以外の種類の保冷食品や他の地域からの輸入食品で、さらに多くの事例が発生するかどうかは未知数である(図2)。

最近、食肉・鶏肉加工施設でCOVID-19の感染が集中していることから、これらの場所がCOVID-19感染の「ホットスポット」となり、大規模な食品汚染につながる可能性があると懸念されています。中国国家衛生委員会(NHCC)は、国内の食肉加工工場に対し、鶏肉や家畜の原産地を明らかにし、SARS-CoV-2の核酸検査で陰性であることが証明された輸入品のみを受け入れるよう命じた(China Daily 2020d)。NHCCは、2020年7月21日に発表した国内の食肉加工施設におけるCOVID-19感染の予防と管理のための一連のガイドラインの中で、中・高リスク地域にある施設は、SARS-CoV-2を検出するための核酸検査のために、屠殺、解剖、包装の各作業から毎日5つの環境サンプルを採取することを求めた。低リスク地域の者は、同じサンプリングと検査のプロトコルに従って、少なくとも週に1回は環境サンプルの検査を行わなければならない(NHCC 2020)。一方、2020年7月1日、米国農務省(USDA)は、米国内で操業するすべての加工工場と、米国内に食肉・鶏肉製品を出荷するすべての施設に、製品にSARS-CoV-2が存在するかどうかの検査を義務付ける請願書を却下した(USDA 2020)。米国農務省食品安全検査局は回答の中で、公衆衛生と食品安全の専門家は、肉・鶏肉製品に関連したCOVID-19の感染を裏付ける証拠を発見できなかったため、これらの製品に対する検査と結果の報告を要求しないと述べています。食肉・食鳥加工施設におけるCOVID-19伝播のリスクを軽減するために、CDCと労働安全衛生管理局(OSHA)は、食肉・食鳥加工作業者と雇用者に向けた暫定的なガイダンスを発表し、顔面被覆の着用と社会的距離をとることを推奨しています(CDC 2020d)。しかし、2020年7月9日に更新された現在のガイダンスでは、これらの施設での食品や環境サンプルに対するSARS-CoV-2の検査は義務付けられていません。

 

さらに、症状のスクリーニングは、雇用者が使用できるオプションの戦略としてのみ提案されました(CDC 2020d)。WHOは、食品安全管理に関する暫定的なガイダンスの中で、COVID-19が発生している間、公共部門の研究所の能力低下が、食品の安全性を確保するための特別な課題となっていることを指摘しています(WHO 2020c)。

冷蔵保存食品がCOVID-19の長距離輸送体や伝達媒体としてのリスクを理解するには、大きな知識のギャップがあります。SARS-CoV-2は、コロナウイルスファミリーの中で最も新しく世界的に出現したウイルスです。現在の知見によると、周囲の温度と基材の両方がウイルスの持続性に大きく影響する(Aboubakr et al.2020)。一般に、低温はウイルスの寿命を劇的に延ばし、通常の冷蔵温度(4℃)では数日から数週間の持続が可能であった(Chin et al.2020; Kratzel et al.2020; Matson et al.2020)。コロナウイルスに関する既存の研究では、WHO(2020d)によると、コロナウイルスは冷凍状態での安定性が高く、-20℃で最大2年間生存できることが示唆されています。しかし、冷凍食品の保存や輸送で頻繁に遭遇する冷凍温度(-10~-20℃)下でのSARS-CoV-2の長期生存に関するデータは不足している(表1)。冷凍温度(-20℃および-80℃)下でのSARS-CoV-2の持続性を調べた研究は、これまでに1件しかない。この研究の期間は21日間に限られており、ウイルスの力価は実験期間中ほぼ一定であったことから、SARS-CoV-2がこのような条件下で他のコロナウイルスと同様に長期にわたって持続するかどうかは不明である。さらに、今回の研究では、21日間の研究期間で3つの食品表面(サケ、鶏、豚)にSARS-CoV-2が同様に持続することが示されたが、以前の研究では、低温(4℃)下でも基材がSARS-CoV-2の生存率に大きな影響を与えることが示されている(Aboubakr et al. 例えば、基材の表面透過性が低いと、ウイルスの生存期間が長くなることに相関があると考えられる(Chin et al. 2020)。魚、肉、乳製品には水分が含まれていることが多いことを考えると、氷の中や氷の表面に付着したSARS-CoV-2の生存率を調査する必要があり、これは冷凍食品に付着したSARS-CoV-2の持続性を調べる際に特に関係してきます。さらに、感染力はウイルスのリボ核酸RNA)量に依存するため(Han et al.2020)、食品表面や食品包装材にSARS-CoV-2を検出した場合、ウイルス量も調べる必要がある。この情報は、汚染された食品を介したCOVID-19感染の可能性を判断する上で非常に重要である。

消費者の行動は、汚染された消費財のリスク評価の一部を構成します。COVID-19が世界的に流行していることは、食品の選択や買い物の習慣に関する消費者の行動に大きな影響を与えています(Li et al.2020; Richards and Rickard 2020; Schmidt et al.2020)。最近の調査では、COVID-19の期間中に冷凍食品に対する消費者の意識が変化したことが示されている。米国冷凍食品協会に依頼した調査では、米国の調査回答者(n=1014)の86%が2020年3月上旬から4月中旬にかけて冷凍食品を購入しており、その中にはパンデミック前にはほとんど購入しなかった、あるいは全く購入しなかった冷凍食品の新規購入者が7%含まれていた(AFFI 2020)。また、COVID-19の発生以降に冷凍食品を購入した回答者の約半数が、今後数カ月間に冷凍食品をたくさん(18%)またはやや多く(32%)購入すると予想しています。同様に、ドイツ冷凍研究所が行った調査によると、ドイツの家庭の98%が平時に冷凍食品を購入・使用していることがわかりました。ロックダウン期間中、調査対象者の3分の1は、保存期間の長さを理由に、より多くの冷凍食品を購入し、食料品の買い物の必要性を減らしました(Deutsche Tiefkühlinstitut 2020)。このような傾向が、今回のパンデミックにおける冷凍食品消費に関する消費者行動の幅広い変化を象徴しているかどうかは不明である。一方、消費者の食品購入習慣の変化(Li et al. 2020; Schmidt et al. 2020)、家庭での食品の保存方法や取り扱い方法、生の食品を扱う際に特定の予防措置をとるかどうかなどの統計データも、今回のパンデミックにおける低温保存食品を介した感染のリスクを評価し、政策、ガイドライン、緩和戦略をさらに確立するためには重要である。

このような課題は、パンデミックによって世界の食糧生産が混乱している中で発生していることを指摘したいと思います。一部の地域では、食糧不足に陥るリスクが高まっています(Farias and dos Santos Gomes 2020、Paslakis et al.2020、United Nations 2020)。

 

このような背景から、食品のウイルス汚染とCOVID-19の食品媒介感染は、規制当局と製造業者にとって、食品の安全性と安心を維持するためのより大きな課題となっています。SARS-CoV-2が冷凍食品の包装や保管環境に混入していたことを示す証拠が増えてきており、局所感染が長期にわたって根絶されていた地域で最近発生したCOVID-19のアウトブレイクとの関連性が以前から指摘されていたことを裏付けている。食品の正常な取引と輸送が世界の食糧安全保障に不可欠な役割を果たしていることは疑いの余地がないが、「農場から食卓まで」の過程で食品がどのように汚染されるのか、食品や低温の食品保存環境におけるSARS-CoV-2の生存率と感染力、そして最後に、最初の収穫から家庭での断続的な保存と取り扱いまでの様々な環境における汚染された食品を介した潜在的な感染経路について、より深く理解することが何よりも重要であると考えられる。これらの問題に関する最近の証拠や研究が警告を発していることから、規制機関は積極的なアプローチを採用し、COVID-19の食品媒介感染に関連するリスクを評価・軽減するための現在の研究努力をリードすべきである。

結論
COVID-19に関する初期の学術的議論では、食品媒介による感染がリスク要因として想定されていた。政府や規制機関はこの問題について異なる立場をとっているが、2020年6月中旬以降、COVID-19パンデミックの原因物質であるSARS-CoV-2による食品汚染に関連して、中国で少なくとも2つの再流行が発生したという証拠が出始めた。SARS-CoV-2の存在は、包装材や保管環境を含む冷凍食品から検出され、2020年7月上旬から8月中旬にかけて全国の保健当局から9件の報告がありました。さらに、最新の実験室での研究では、冷蔵温度(4℃)と冷凍温度(-20℃および-80℃)の両方で、研究の全期間(14~21日間)にわたって、肉、魚、動物の皮にSARS-CoV-2が非常に安定して付着しているという新たな証拠が見つかった。このような新しい動きを受けて、「コールドチェーン」に焦点を当てて、畑での収穫、加工・処理、輸送、小売など、「農場から食卓まで」のライフサイクルにおける食品汚染のリスクと感染経路を評価することで、この問題をあらためて詳しく検討する必要が生じました。冷蔵・冷凍食品を保管・輸送する際の継続的な低温環境は、SARS-CoV-2の生存期間を飛躍的に延ばす可能性があり、これは他のコロナウイルスにも共通する特徴である。表面に付着したSARS-CoV-2は、食品包装に多く使用されているプラスチック上で高い持続性を示した。COVID-19が発生して以来、公共の場では、旅行や人ごみへの接触、頻繁に触れる場所の制限が重視されていますが、消費財の輸送にはほとんど制限がありません。このため、汚染された消費者向け食品、特に冷蔵・冷凍食品がSARS-CoV-2の長距離キャリアとなる可能性があり、今回のパンデミックではまだ評価されていない組織的なリスクが存在することになる。現在のサンプリングプロトコルでは、保健当局が輸入動物製品におけるSARS-CoV-2汚染の真の有病率を評価する能力は大きく制限されている。規制機関は最近、食品業界向けのガイドラインを発表したが、現在の政策枠組みや管理手段には対照的なレベルの警戒心が見られる。これらの環境におけるリスクを強調する証拠が増えているにもかかわらず、規制が緩く、命令がほとんど出されていないところもある。冷蔵・冷凍条件下の食品環境、特に冷凍魚、肉、乳製品によく見られる氷の中でのSARS-CoV-2の寿命を理解する上で、現在の文献には大きな知識のギャップがある。さらに、汚染された食品を介したウイルス感染のリスクを評価するためには、パンデミック期間中の冷凍食品の消費に関する消費者の態度や行動の変化(買い物の習慣、家庭での保管や取り扱いなど)に関する情報が必要である。これらのギャップに対処することで、食品汚染や病原体の食品媒介感染に関する政策フレームワーク、リスク軽減戦略、予防的管理措置を確立するための情報に基づいた意思決定を可能にする必要があります。さらに、食品安全のためのスマート食品包装(Gaikwadら2019年、Panditら2017年、Raiら2019年)、バイオセンサー(Brindaら2018年、Jyoti and Tomar 2017年)、ナノセンサー(Kumarら2017年)は、強固なサプライチェーンを維持するために疫病やパンデミックに備える食品産業のための将来的な技術的ソリューションとして検討される可能性があります。

略語の説明
ATP:腐敗しやすい生鮮食料品の国際運送およびその運送に使用される特別な機器に関する協定

BCoV-88:Bovine Coronavirus Strain 88(牛コロナウイルス88株)
CDC: Centers for Disease Control and Prevention(米国疾病管理予防センター)

COVID-19:新型コロナウイルス感染症2019

EEC:欧州経済共同体

EVOH:エチレンビニルアルコール

FDA米国食品医薬品局(Food and Drug Administration)

GB/T:中国GB規格

HCoV-229E:ヒトコロナウイルス229E:Human Coronavirus 229E

MERS:中東呼吸器症候群(Middle east respiratory syndrome)

NHCC:中国国家衛生委員会(National Health Commission of China)
OSHA:Occupational Safety and Health Administration(労働安全衛生管理局)

PE:ポリエチレン

PET:ポリエチレンテレフタレート
PP:ポリプロピレン

PVC:ポリ塩化ビニリデン

RNAリボ核酸

SARS-CoV-1:
重症急性呼吸器症候群コロナウイルス1(Severe acute respiratory syndrome coronavirus 1

SARS-CoV-2:重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2

TCID50 :組織培養感染量の中央値(50%)。

USDA:米国農務省:United States Department of Agriculture

WHO:世界保健機関

WP.11:生鮮食料品の輸送に関する作業部会

 

【参考資料】

・gooニュース|天津でアイスクリームのサンプルから新型コロナウイルス検出―中国メディア
2021/01/15 21:50

https://news.goo.ne.jp/article/recordchina/world/recordchina-RC_867610.html (2021.4.7)

・Xinhua News|AFPBB News|天津市内企業が製造したアイスクリームからコロナ陽性反応
2021年1月16日 23:00 発信地:中国 [ 中国 中国・台湾 ]

https://www.afpbb.com/articles/-/3326650 (2021.4.7)

*1:一回限りのもの

*2:生産の一度分、一群

*3:schwarz不正な、裏の|grüne(経験が浅い)青い、未熟な

キウイフルーツでCovidの陽性反応は出なかった

果物やコカコーラが「陽性」の結果を出すことがあるため、Covid-19の迅速抗原検査は信頼性に欠けるという主張をFULL FACTが検証
「事実ではない」と判定
 

ファクトチェック記事(FULL FACT 2021.1.19) 

fullfact.org

キウイフルーツでCovidの陽性反応は出なかった

2021年1月19日

主張されたこと
果物やコカコーラが「陽性」の結果を出すことがあるため、Covid-19の迅速抗原検査は信頼性に欠ける。

我々の評決
これは事実ではない。Covid-19迅速抗原検査は、本来の目的通りに人間に使用した場合、誤った陽性結果を出すことはほとんどない。むしろ偽陰性になることの方が多い。

多くの人が、キウイにCovid-19の陽性反応が出たと思われる動画をソーシャルメディアで共有しています。

同様の動画では、コカ・コーラのグラスにも陽性反応が出たようです。

これらのビデオに出演した人々や、ビデオを共有している多くの人々は、Covidの迅速抗原検査は偽の陽性結果を出すことが多く、信頼できないことを証明していると主張しています。これは正しくありません。

調査によると、これらのビデオに出てくるような承認済みのラテラルフローテストは、正しい方法で検査を行えば、偽陽性の結果が出る可能性は非常に低いとされています。

コカ・コーラやフルーツジュースは、コヴィッドテストで人体から採取したサンプルよりもはるかに酸性度が高い。そのため、検査が中断され、陽性の結果が出たように見えるのだと思われます。

ビデオの中で何が起こったのか?
この映像は、12月23日にマッシモ・マズッコ(Massimo Mazzucco)というイタリアの映像作家のYouTubeチャンネルに投稿された、より長い映像からのものと思われる。

この映像では、ドメニコ・ダンジェロと名乗る男性が、キウイをはじめとする数種類の野菜や果物にJoysbio社のラテラルフロー・コビットテストと思われる検査を行っている。その結果、キウイ、オレンジ、ベリー系のフルーツジュースに「陽性」と思われる結果が出ています。

このビデオに登場する医師の1人、マリアーノ・アミーチ博士は、この実験によってCovidテストが「とんでもなく信頼性が低い」ことが示されたと主張しています。しかし、これは正しくありません。なぜなら、この実験はテストを適切に使用していなかったからです。

Joysbioテストキットの説明書には、"このキットは、ヒトの検体材料でのみ使用するために評価されています...正しい検体の収集と準備の方法に従わなければなりません...テスト手順に従わないと、テストの性能に悪影響を及ぼしたり、テスト結果が無効になったりすることがあります。" と書かれています。

コーラとキウイフルーツにはどんな特徴があるのでしょうか?
コーラの「テスト」は、オーストリアの政治家ミヒャエル・シュネドリッツによって行われ、「陽性」とされる結果が出たが、これもテストの正しい使い方ではない。

製造元のダイヤラボ社は、シュネドリッツ氏がコーラのサンプルを、サンプルの酸度を安定させるために重要な役割を果たす緩衝液と混合する代わりに、検査装置に直接入れたことを指摘しています。これにより、「緩衝液の層が破壊され、陽性マーカーが見えるようになった」と同社は述べています。この結果は、他のメーカーがこのようなアプリケーションを持っていた場合にも予想される。"

国際的なファクトチェックサイト「AFP Fact Check」が引用した生化学教授のアネット・ベック=シッキンガー氏によると、迅速検査の緩衝剤はいずれにしても「(リンゴやマンゴーのような)大量の酸を中和することはできない」という。

しかし、これらの迅速検査が酸性の飲み物や果物で効果的に壊れるからといって、一般の人々に使用するには信頼性が低いというわけではありません。"果物とコーラの検査について話をしてくれたレディング大学のバイオメディカル・テクノロジー准教授、Alexander Edwards博士は、「メーカーの指示を完全に無視したり、全く違うものに検査を使用したりした場合、おかしな結果が出ても驚くべきではありません。

"これは、火災報知器の下にライターをかざすと鳴るが、家の中で火事が起きているわけではないので、火災報知器はあまり正確ではないと言っているようなものです」。

これらのテストは信頼できるのでしょうか?
診断テストは、政府がその国で承認する前に、実験で評価されるのが一般的です。

まだすべての評価が完了したわけではありませんが、一般的には、これらのCovid迅速検査が実世界で誤検出をすることは非常に稀であることがすでにわかっています。

例えば、Dialab社の検査では、ある評価において、陰性検体130個のうち130個を正しく識別することができました。Joysbioテストは、イタリアでの独立した評価で、384例中382例(または385例)で陰性検体を正しく識別したとしています。本記事執筆時の12月11日時点では、1カ国で評価中となっています)。

もちろん、すべてのメーカーのすべての検査が完璧というわけではありません。欧州疾病予防管理センターは、8月末までに、さまざまな迅速検査の精度について総点検を行った。その結果、検査薬の特異度(陰性検体を見分ける成功率)は80.2〜100%であることがわかりました。

それでも、ほとんどの政府は、検査を承認する前に最低限の基準を満たすことを求めています。英国では、政府が多数のInnova社製迅速検査を使用し始めています。実験室や病院、学校、検査センターなどの実環境で試したところ、99.68%の確率で陰性検体を正しく検出することができました。また、リバプールで行われた試験では、陰性検体の検出に非常に優れていることが証明されました。

偽陰性の場合は?
一般的に、迅速検査は陰性検体の発見には優れていますが、陽性検体を見逃す可能性が高くなります。言い換えれば、健康な人がCovidに感染していると思う可能性は非常に低いですが、かなりの数の感染者がCovidに感染していないと思う可能性があります。

英国での評価では、Innovaテストは陽性サンプルの76.8%を正しく識別し、323のうち75を見逃しました。

陽性検体が見逃されることを「偽陰性」といいます。このため、Covid迅速検査は専門家の間で議論の的となっています。多くの感染者を迅速に特定することの利点が、他の人を誤って安心させてしまうリスクを上回るかどうかについては、専門家の間で意見が分かれています。

しかし、これらの迅速抗原検査がCovidの感染者数を大幅に増加させる可能性は低いと考えられます。

この記事は、Facebookに掲載されている虚偽の可能性のある写真、動画、ストーリーを事実に基づいてチェックする作業の一部です。詳しくはこちらをご覧ください。また、Facebookのコンテンツを報告する方法についてもこちらをご覧ください。このビデオは、Covidテストの信頼性が低いことを示す証拠ではないため、このスキームの目的のために、この主張を虚偽と評価しました。

 レオ・ベネディクトゥス

 

 

 

モデルナのタル・ザクスは「生命のソフトウェア」を操作すると言っていたが、それは比喩に過ぎない

「Modernaの最高医療責任者が『生命のコードを改ざんしている』と率直に述べた」という記事をイタリアのファクトチェック団体FACTAが検証「引用は事実だが、意味が誤って伝えられた比喩」

 

 ファクトチェック記事FACTA  2021.3.16)

facta.news

ファクトチェック記事翻訳。DeepLによる翻訳機能を活用していますが、翻訳機能が働かない場合や日本語が余りにもおかしい場合は当方で訳や注釈を付けております。大体の意味が通じるものはそのままにしてあります。

 モデルナのタル・ザクスは「生命のソフトウェア」を操作すると言っていたが、それは比喩に過ぎない

2021年3月16日

2021年3月15日、Facta編集部にFacebook経由で、ブログ「Un Universe」が2021年3月12日に掲載した「『Moderna』の最高医療責任者が『生命のコードを改ざんしている』と率直に述べた」という記事の検証依頼がありました。ソーシャルメディア分析ソフト「CrowdTangle」によると、2021年3月16日現在、この記事は650回以上シェアされています。この記事は、2021年3月9日に米国のジャーナリストLeo Hohmann氏のブログに掲載された英語原文を翻訳したもので、2017年のTed Talkカンファレンスで、バイオテック企業ModernaのメディカルディレクターであるTal Zaks氏が「我々は実際に生命のコードを改ざんしている」と発言したとされる内容に言及しています。この発言は、Moderna社がmRnaワクチンを通じて、実際にヒトゲノムを操作している証拠と解釈されており、記事によると、mRnaが "がん細胞の成長を加速させる "という研究結果があるとされています。

この言葉は本物ですが、その意味は誤って伝えられています。また、mRnaが癌の原因になるという主張も正しくありません。順番に行きましょう。

ザクスの言葉は、会議の冒頭、この00:45に掲載されている。全文を引用すると、"I'm here today to tell you that we are manipulating the software of life [原文では hacking the software of life] and this is changing the way we think about disease prevention and treatment." となります。01:34には、この比喩を詳しく説明し、「もし、私たちが生命のソフトウェアと呼んでいるものを変えることができたら、もし、一行のコードを導入することができたら、それは、インフルエンザからがんに至るまで、すべてに大きな影響を与える」と主張しました。しかし、ザクスは、その比喩が曖昧に見えるかもしれませんが、遺伝子操作のことを言っているわけではありません。

会見で明確に説明されたように、Modernaの技術はゲノムを操作するのではなく、DNAとは接触しないmRnaを細胞に導入する。Factaでは、mRna技術がゲノムに手を加えるものではなく、遺伝子工学とは言えないことを詳しく説明しました。ザクスの比喩は、mRnaが実際に追加の情報を導入し、それを細胞が解釈してタンパク質に翻訳することを意味していた。これは、あたかもソフトウェアにコードを追加するかのように、効果的に解釈することができます。しかし、この「追加」は、詳細な研究で説明したように、一時的なものであり、常に私たちのゲノムの外部にあるものです。

第二に、mRnaががんの原因になるとか、がん細胞の増殖を促進するというのは事実ではありません。、mRna自体は、人工的な分子でもなければ、病態の原因でもなく、DNAやタンパク質と同じように、すべての生物に存在し、生命維持に不可欠な分子の一種です。この記事が参照している研究は、2018年8月27日にNatureに掲載された研究で、DNAやタンパク質の病理学的変化と同様に、mRnaの特定の病理学的変化(mRna全般ではない)が白血病に関与しうることを示したものです。

最後に、私たちがレビューした記事では、「遺伝子改変を押し付けようとする者は、健康上の治療の前にインフォームド・コンセントを必要とするニュルンベルク・コードに反する」と主張しています。Factaでは、現実にニュルンベルクコードが不適切に引用されることが多いことを(過去に)既に述べました。それは、医学実験に関連するものであり、このケースではワクチン接種キャンペーンのような公衆衛生上の介入に関連するものではないからです。

結論として、この引用は事実ではあるが、意味が誤って伝えられた比喩である。モデルナの技術は、ゲノムを改変するものではなく、mRnaががんを引き起こすものでもありません。

続きを読む

新型コロナウイルスの新しい変異株は、南アフリカのCovid-19の第2波を引き起こした フェイスマスクが原因ではない

南アフリカで発生したCOVID-19の第2波は、マスクを着用している人々によって引き起こされたと主張するフェイスブックの投稿をAFPが検証
「誤り」と判定

 

ファクトチェック記事(AFP 2021.2.4)

factcheck.afp.com

 

ファクトチェック記事翻訳。DeepLによる翻訳機能を活用していますが、翻訳機能が働かない場合や日本語が余りにもおかしい場合は当方で訳や注釈を付けております。大体の意味が通じるものはそのままにしてあります。

 新型コロナウイルスの新しい変異株は、南アフリカのCovid-19の第2波を引き起こした、フェイスマスクではない

テンダイ・デュベ、AFP通信、南アフリカ 2021年02月04日(木)20時14分

Copyright AFP 2017-2020. すべての権利を保有しています

 

南アフリカで発生したCOVID-19の第2波は、コロナウイルスの病原体そのものではなく、マスクを着用している人々によって引き起こされたと主張するフェイスブックの投稿があった。投稿は、二酸化炭素テストをシミュレートしたビデオに依拠していますが、専門家は、マスクの着用は安全であり、病気に対するいくつかの推奨される予防策の1つであることを再確認し、不正確であるとしてこのデモンストレーションを却下しました。国での最新のCovid-19の第2波は、新型コロナウイルスの新しい変異株によって引き起こされた。


2分強の動画は、2021年1月18日にここのフェイスブックに投稿されました。

"第二波の原因は、"それが公開されて以来、何百回も共有された投稿のキャプションを読み取る。

動画の中の男性は、二酸化炭素(CO₂)検知メーターを使って、マスク着用が有害であることを主張している。

口を覆っているマスクの後ろにメーターを置いている。メーターの表示パネルには、CO₂レベルを測定すると謳う数値が上昇し始め、1万ppm近くに達するまで上昇する。

男性が作成したチャートによると、5,000ppm以上になると、死を含む重篤な副作用を引き起こす可能性があるという。

しかし、2020年7月、AFPファクトチェックは、専門家が当時、マスクに関連する深刻な健康被害はないと付け加え、誤った科学であると棄却した同様の実験を論破した。

専門家は、CO₂の5,000ppmは、毎日8時間シフトで働く人、特に閉鎖空間で働く人に推奨される最高の被ばく量であると説明した。

実際、疾病管理予防センター(CDC)と米国の食品安全検査局は、短時間であっても40,000ppm以上は危険なレベルであると勧告している。

欠陥のある科学実験
テキサスA&M大学-テキサスカルカナ校の生物科学部門の委員長を務めるコロナウイルスの専門家であるBenjamin Neuman氏は、ビデオの中のデモンストレーションは間違った仮定をしていると述べた。

実験では、CO₂メーターのような装置が測定値を出してくれるが、装置が正しく使われているかどうかはわからないし、「今回のように実験の背後に欠陥のある仮定があるかどうかもわからない」とNeuman氏はAFP Fact Checkへの電子メールで語っている。

"人間の吐く息は約3.8%の二酸化炭素で、これはビデオのメーターでは100万分の3万8000部となり、もちろん鼻や口から出てくる。

"彼は息を吐いた直後に最大約1%の二酸化炭素を測定しているが、これはマスクがCO₂を保持する良い仕事をしていないことをその場で教えてくれる。
その代わりに、マスクなしで口から同じ距離で機械を保持し、測定値を測定するのが良い管理方法でした。

"生物の中でCO₂が出てくる部分に近づけば、CO₂が出てくることを期待しなければならない。このテストで、彼は生きていることを証明したのであり、それ以上のことはない。"

ノイマンはさらに説明した。"呼気は1回の呼吸で約半リットルのガスが出る。もしマスクがガスに透過性がなければ、マスクは息を吐くたびに1/2リットルのバブルガムの風船のように膨らんだり膨らんだりします。

つまり、ビデオの中の男性は、息を吸う空気は主に呼気から来るものだと勘違いしていますが、マスクはガスに透過性があるので、そうではありません。

Neuman氏は、N95マスクの着用に関する研究結果を参照し、マスクを着用しても体内に入る酸素とCO₂の量に違いはないと結論付けた。

ニューマン氏は、ビデオに写っている人が、自分の発見を証拠として評判の良い科学雑誌に発表しようとした場合、同様のコメントで拒否されるだろうと述べた。

"ビデオの人物は、自分が感じていることと現実を混同していて、状況を理解するためというよりも、自分の意見を主張するために非常に欠陥のあるデモンストレーションをしています。優れた手品よりもはるかに面白くないし、これ以上のリアルさもない。このビデオは、科学とは何か、何のためにあるのかではない。

 

大気中のCO₂のためのより良いデバイス
アルバータ大学の研究者であるHyo-Jick Choi氏は、特定のウイルス株を不活性化する手術用マスクや呼吸器フィルターを設計しており、今回のデモで使用されたメーターは「呼吸中にマスクの後ろでCO₂レベルを測定するような動的な状況でCO₂を測定するのとは対照的に、大気中のCO₂を測定する際に、より信頼性の高い値を提供する可能性がある」と考えているという。

"実験が正しければ、二酸化炭素の値は呼吸の過程に応じて、時間の経過とともに上昇(吐くとき)と下降(吸うとき)の傾向を示すはずだ "と崔氏はAFPファクトチェックに電子メールで伝えた。

しかし、動画では、吸気時にCO₂値が減少するのではなく、増加し続けているように見える。

「この装置は、呼吸過程の二酸化炭素の変化をリアルタイムでモニターするのに適しているとは思えない。」

欠陥のある実験を行っている男性は、人々がマスクを着用するのを阻害しようとし、マスクをつけない方がいいと示唆している。

崔氏は「完全に不正確な情報だ」とし、これに反対した。

"確かな結論を出すためには、正しいツール、方法、手順を利用することが重要だ」と彼は付け加えた。

Covid-19パンデミック時のマスクの安全性と有効性に関する誤った、誤解を招くような主張は、AFPファクト・チェック(AFP Fact Check)によって多くの反論の対象となっています(ここ、ここ、ここ、ここを参照)。

 

南アフリカでの感染拡大
ポストのキャプションの主張とは異なり、南アフリカのCOVID19の第二波は、最初に国で識別された新型コロナウイルスの新しい変異株によって拍車をかけた。それは以前の亜種よりも伝染性が高いことが確認され、入院患者数も増加していますが、それがより致命的であるという証拠はありません。

510Y.V2として知られる新しい亜種の発見は、その広がりを遅らせるために2020年12月に新たな規制を導入するよう地方自治体を説得しました。

この国では、パンデミックが始まって以来、約150万人の感染が検出され、44,000人以上の死亡者が出ていますが、これはアフリカで最も多い症例数と死亡者数です。

しかし、2021年2月1日、南アフリカのシリル・ラマフォサ大統領は、同国は第2次COVID-19の感染の波の「ピークを過ぎた」と述べ、今月に予定されている最初の予防接種に先立って制限を緩和することを可能にした。

"ラマフォサ大統領は、「新規感染の平均率はここ3週間で着実に低下しており、第2波のピークを過ぎたことを示している」と発表しました。

南アフリカの変異体は、イギリスとブラジルで検出された新しい変異体と同様に、ウイルスのスパイク蛋白質に変異があることが判明した。

2021年1月20日にAFPが報じた予備研究では、南アフリカで検出された変異体は再感染の重大なリスクをもたらすことも判明していた。

しかし、2021年1月、ワクチンメーカーのファイザー/BioNTechとモデルナは、自社のワクチンが新しい亜種に対して有効であることを発表した。

新型コロナウイルスと5G 研究と科学的な議論が無い理論

  • 新型コロナウイルスパンデミックは5Gが原因」説をイタリアの社会的企業OPENが検証「誤り」と判定
  • ●OPENの記事内にリンクが貼られています。以下、他のファクトチェック記事と不要なリンク先を除いた参考文献
    • 1.8GHz GSM基地局環境エミッションの代表的な携帯電話高周波フィールドに出生前から自然死まで曝露したスプラーグドーリーラットの脳腫瘍及び心臓腫瘍に関する最終結果報告書
    • 携帯電話は発がん性物質の可能性があるのか?IARC報告書の最新情報
    • 非電離放射線
    • 電離放射線 健康への影響と保護措置
    • 携帯電話とがんリスク
    • 課題1:免疫系の抗がん剤の役割
    • 新しいモバイルネットワーク5G、健康リスクはあるのか?欧州議会での科学的議論
  • 日本の参考資料

新型コロナウイルスパンデミックは5Gが原因」説をイタリアの社会的企業OPENが検証「誤り」と判定

 

ファクトチェック記事(OPEN 2020.4.8)

www.open.online

ファクトチェック記事翻訳。DeepLによる翻訳機能を活用していますが、翻訳機能が働かない場合や日本語が余りにもおかしい場合は当方で訳や注釈を付けております。大体の意味が通じるものはそのままにしてあります。 

ファクトチェック : 5G - 陰謀 - コロナウイルス (COVID-19) - ユースフルガイド - 科学研究 コロナウイルスと5G 研究と科学的な議論が無い理論

2020年4月8日 - 15:28                      フアンヌ・ピリの報告

 

癌を引き起こす携帯電話からCovid-19まで、5Gネットワークの疑惑の危険性に関する論文への有用なガイド

我々は新しい陰謀論の報告を受け続けているように、5GネットワークがCOVID-19パンデミックにリンクされているのを見ることができる、以下では、SARS-CoV2 が武漢で登場する前から存在していた運動の要約を表示しますが、これはすでに様々な陰謀のテーゼ、特にその疑惑のエンジニアリングについての影響を受けています。

5Gがパンデミックを増やしている件については、何でも読めます。生物学の明らかな隔たりがある前世紀の密教的な哲学者でさえも疑問視される、最も不条理なテーゼは省きます。

残念ながら、これは無視できないメディア現象です。この信念の第一人者の中には、携帯電話とがんの関連性についての論文をすでに支持している人たちがいる。また、海外には、携帯電話のマストを妨害し、健康上の緊急事態の中で潜在的な通信被害を引き起こすことが適切であると見ている人もいます。

最後に、欧州議会で予定されていたイベントでは、5Gに反対する運動の代表者が、ネットワークの実施が環境や健康上の問題を引き起こす理由を発表することになっていたが、これが絶賛されている。

イタリアでは、5G とコロナウイルスとの関連性を支持する主な支持者の中には、マウリツィオ・マルトゥッチ氏が会長を務める Stop 5G 委員会がありますが、この委員会は、ある種の癌との関連性について、思わぬところで「市民の健康を守るための予防原則」を発動しました。

5Gに対する主な研究
5Gに反対する論文を支持する主な研究は、ボローニャのラマッツィーニ研究所と国家毒物学プログラム(NTP)の2つである。1つ目は、2448匹のモルモットで行われた実験に基づいています。

"オスとメスのスプラーグドーリーラット は、0、5、25、50 V / mの1.8 GHzのGSM遠距離フィールドに自然死まで生前の生活から露出した - 研究の研究者を報告する - 1日19時間の全身曝露で"

しかし、結論は全く意味がありません。

"悪性グリア腫瘍の発生率の増加は、統計的に有意ではないが、最高用量(50 V / m)で処理されたラットで観察された"

4Gでも5Gでもないことをカウントして、2回目の研究でも同じことが言えます。つまり、世界ですでに使用されている世代を考慮に入れており、それが関連していると考えられている病理学の大幅な増加につながったことはありません。

"RFR(高周波照射)への曝露はラットの場合は胎内で、マウスの場合は5~6週間の間に始まり、最大で2年間、または自然界での生活のほとんどの期間継続しました[...] これらの研究では、Wi-Fiや5Gネットワークに使用されるRFRの種類は研究されていません。

携帯電話の非電離放射線が安全な理由 
1960年代から現在に至るまで、起電力の悪影響が疑われる研究は数多く行われている。携帯電話から放出される「非電離性」放射線をカテゴリー2Bに含める理由は非常に複雑である。

グループ2Bでは、コーヒー、漬物、カーボンペーパー、ガソリンの排気ガス、タルカムパウダー、ニッケルコインなど、284種類の商業物質が検出されています。

電離放射線と非電離放射線
世界保健機関(WHO)が報告しているように、非電離放射線は「電磁スペクトル*1のうち、電離を起こすのに十分なエネルギーがない部分」に存在しています。電場や磁場、マイクロ波、赤外線、可視光線などが含まれています。

私たちが心配しているのは、実際にDNAにダメージを与え、がんを引き起こす可能性のある電離放射線です。しかし、特定の分野では、例えばX線でのX線撮影などでも、一定の制限値を超えない範囲であれば、安全に使用されています。

幽霊のような相関関係は因果関係を示唆していない
放射能に関して言えば、理解できる偏りがあるかもしれません。このように、(因果関係を示唆しない)偽りの相関関係を見つけるのは難しいことではありません、私たちは、Covid-19にリンクされた反ワクチン主義者の物語におけるノーワクチンへの回帰を検討するときにこれを見ました。

非イオン化放射線に話を戻すと、2017年のサイエンティフィック・リポーツに掲載された研究にも言及するかもしれません。携帯電話は "流産 "にリンクしていました。簡単に推測できるかもしれませんが、有意な結果は出ていません。

予防原則はすでに考慮されている
繰り返しになりますが、予防原則として、私たちは、注目すべき相関関係を発見したいくつかのまともな研究が考慮に入れているよりも、比例して、かなり少ない放射線にさらされています。

最後に、長時間の電磁場*2にさらされた組織が加熱される可能性があるという話もありますが、この現象と腫瘍との間には証明された関連性はありません。

ラマッツィーニ研究所の距離感
今や時代は変わった。パンデミックの影響で、5Gに関する健康特定の論文が具体的に危険なものになっている。可能性のある犯罪は、科学者のクロス・パクト・フォー・サイエンスの協会が、これらのキャラクターのいくつかを不信感と糾弾しなければならなかったほど、封じ込め対策に違反するように人々を導く可能性のある物語を広めている、いくつかの影響力のある人物で発見されています。

だから予防原則のアプリケーションをマントラ、牛乳の抗生物質でも誇張された警告をしている団体も最近では、5GとCovid-19を結びつける論文からラマッツィーニ・インスティテュート自体が距離を置いていることが報告されています。

5Gと免疫システム
免疫システムの疑惑の弱体化についての論文を言及するラマッツィーニのフィオレッラ ベルポッジ へのインタビューの一節は興味深いです。

「しかし、いや、知られているのは、免疫システム、その機能のいくつかで、特にカルシウムの存在に関連したものでは、何らかの形でそれを弱めることができるようです。しかし、数少ない研究であり、確実に確立されているわけではありません。それはさておき、新型コロナウイルスの場合、例えばイランでは、高周波接続の設備がそれほど整っていないと思うのですが、それでもコロナウイルスの感染率が非常に高いんです

その理由は、5Gは新型コロナウイルスパンデミック前から枕詞にされていて、多くの場合、免疫システムを中心に(話が)展開しているからです。実際、防御力が弱いということは、ウイルスだけでなく、腫瘍に対しても脆弱であることを意味しています。

腫瘍からCovid-19へ:偽りのバランス戦略
前回の記事では、「カルシウムチャンネル」についての疑似科学的な論文と、関連するサプリメント事業について取材しました。5GとCovid-19の関連性を確信している人たちがいることに微笑むこともあるかもしれないが、彼らの多くが同じ前提とソース(ラマッツィーニの研究を含む)を使って、携帯電話と癌の関連性についていくらでも推論をし、法廷でも信憑性を見出していたことを反省しよう。

自分に有利な科学的証拠が不足している場合、人はいつでも油断のない「タバコ戦略」に頼ることができます。喫煙の有害性に関するより多くの証拠が米国で浮上し始めたとき(私たちは、モバイル通信のあらゆる世代の支持者よりもはるかに堅牢な文献について話しています)、タバコのロビー活動は、少数の準拠した科学者を使用して、信じさせることを決めた - メディアで - 科学的なコミュニティが喫煙の発がん性を考慮して合意したときに、「オープンな議論」があったことを - 信じさせるために。

存在しない議論
温暖化否定派も同じ。私たちは、ロベルト・ブリオーニ(イタリアのビタ・サルート・サンラファエル大学のウイルス学者)と「mamma informata」が比較されるのをテレビでよく目にします。これは「偽のバランス」と呼ばれるもので、科学的なコミュニティによって概ね合意されている立場が、具体的な証拠がほとんどない別の明らかに少数派の立場と同じレベルに置かれるのです。

最近Oasi SanaのMartucciがコリエーレ紙が次のように説明したものを賞賛していたとしても、それは驚くべきことではありません。
"欧州議会での科学的議論"
携帯電話の放射能に反対する論文の妥当性を支持する多くの専門家と。マルトゥッチも同じベルポッジの存在を報告している。(このように!)

当初4月28日に予定されていた「科学技術の未来を考えるパネル」の話が出ていますが、その後未定に延期されました。テーマは「5Gがもたらす健康と環境への影響」のはずだった。科学界のコンセンサスが、欧州議会が主催するパネルで確立されていないのは残念だ。

実際には、主に政治レベルでの議論が存在する。結局、欧州議会では、化学物質の痕跡についての質問も出ています。

"国際科学界の大部分は、航空機から放出されるコントレールは、アルミニウム、バリウム、鉄などの有害物質を大気中に放出するため、非常に危険であると考えています。"

Open.onlineは、COVID-19パンデミックに関連した誤情報と戦う100人以上のファクトチェッカーによる連合体であるCoronaVirusFacts/DatosCoronaVirus Allianceと協力しています。同盟についての詳細はこちらをご覧ください。

*1:電磁放射又は電磁波のあらゆるタイプの全域。非常に波長の長い低周波の電波から、赤外線、可視光線を経て、非常に高周波で波長の短いガンマ線X線までを含む。可視光線の範囲の波長の光線は、プリズムを通過すると、夫々に対応する特定の色を持つ。より低周波・長波長の光線は赤く、より高周波・短波長のは紫である。これら2つの中間の波長を持つものは、スペクトルにオレンジ、黄色、緑、青色にあらわれる。(Weblio辞書『宇宙用語辞典』日本惑星協会)

*2:(でんじば, 英語: electromagnetic field, EMF)、あるいは電磁界(でんじかい)は、電場(電界)と磁場(磁界)の総称。参考:

電磁界情報センターMETI/経済産業省

https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/electric/det

続きを読む

「ビル・ゲイツ氏のワクチン」は人間のDNAを改変しない

ビル・ゲイツ氏のワクチンは人間のDNAを改変する:科学者と倫理学者が警鐘を鳴らす」 という内容のウェブサイトの記事をイタリアのファクトチェック団体、FACTAが検証「誤り」と判定

 

ファクトチェック記事FACTA 2020.7.6)

facta.news

ファクトチェック記事翻訳。DeepLによる翻訳機能を活用していますが、翻訳機能が働かない場合や日本語が余りにもおかしい場合は当方で訳や注釈を付けております。大体の意味が通じるものはそのままにしてあります。

虚報、COVID-19のゲイツ・ワクチンはDNAを改変しません

2020年7月6日 25.6k コメント数 2件

Factaを改善するのに協力してください!

簡単なアンケートに参加してください(所要時間は5分)。

視聴者のことをよりよく知り、何をしているのか、どのようにしているのかを改善していきます。ここをクリックしてスタート

 

7 月 6 日(月)、Facta の編集部は、ブログ Blondet と友人 (すでに「健康と政治の陰謀論」の拡散者の間で NewsGuard によってリストされている) によって同じ 7 月 6 日に公開された記事に含まれている情報を確認するために尋ねる WhatsApp を介して報告を受けました。

タイトルは「ゲイツのワクチンはDNAを変える:科学者と倫理学者が警鐘を鳴らす」。

 

この記事では、以下のような製薬会社であるModerna Therapeutics社が開発した新型コロナウイルスワクチンに特に焦点を当てています。

ビル ゲイツの支援者の間で、報告書によると、"新しい、未検証の非常に物議を醸している実験的なRNA技術 "を使用することになります。

技術の危険性は、記事によると、Peter Hotez博士 (記事はこのリンクを参照してください詳細情報) の意見によって証言されるだろう「動物実験に失敗すると致命的な結果になる可能性があることを警告した」と「元モデルナ化学部長の スハブ・シディッキ(このリンクに含まれています)、明らかに「人体全体の DNA を変更し、ウイルスと戦うために抗体を生成するために私たちの細胞を再プログラム」ワクチンの危険性に同意します。

これは誤報です。

Hotez博士の当惑を封じ込めるべきリンクは、2020年4月1日付けのCNNの記事で、ホワイトハウスの科学顧問アンソニー・ファウチ氏が想像していたワクチンの流通のための技術的な時間(1年から18ヶ月)について、「RNAベースのワクチンの背後にある技術は、流通のために承認されたことがない」と付け加え、「絶対的な初体験」になるだろうと、臆病な意見の相違を返しています。

Modernaの元従業員であるSiddiqiの批判については、これらは2020年5月1日の記事(CNN)に含まれており、「私は彼らに最初に尋ねることなく、私の体にワクチンを注入させないだろう:毒性試験はどこにあるのか」というフレーズで要約されています。

というのも、モデルナ社のmRNA-1273ワクチンは、18歳から45歳までの45人のボランティアを対象とした第1相試験に合格しており、55歳から70歳までの高齢のボランティアグループが導入される第2相試験の承認をすでに得ているからです。モデルナの声明によると、この試験は一般的に生体に耐性があり、ここですでに検証したように、試験に参加した45人のボランティアのうち8人に免疫反応が見られたとのことです。ワクチンは、Siddiqi博士が述べた毒性を含むすべての安全基準を満たしている場合にのみ、配布が認められます。

これは「免疫システムを再プログラムする」という問題ではなく、「自然感染をシミュレートして、より強力な免疫反応を誘発し、潜在的に新しいコロナウイルスの感染から保護することができる」とモデルナの公式サイトで試験に関与した研究者は説明しています。要するに「DNA改変」ではなく、 Sars-Cov-2 ウイルスが人間の細胞を攻撃するメカニズムを再現して、感染に対する免疫反応を誘発させようとする試みです。これは、ウイルスが弱った形ではないので(オックスフォードで検査されているワクチンのように)、ワクチンで症状が出ることはありません。

続きを読む